【僕の音楽人生を変えたサービス】SoundCloud(サウンドクラウド)の魅力を伝えたい

こんにちは、ゆねぐらです。
SoundCloud(サウンドクラウド)をご存知でしょうか。
サービス開始から11年、日本語に対応していないSoundCloudですが、それでもオススメしたい魅力が詰まっています。

サウンドクラウドと出会った当時の僕は大学2年生でしたが、
少なくとも日本では巡り合えなかった僕が好きな感じの音楽を、
・作る人
・聴く人
・応援する人
とたくさん巡り合えるサービスで、「世界はこんなに広いのか」と思い知らされた衝撃を今でも覚えています。(語り出すと暴走するので止めておきます..)

この記事では、以下のような流れで、音楽を追い求める方にぜひオススメしたい「SoundCloud」の魅力をお伝えします!

なお、SoundCloudの使い方はこちらで画像付きで説明しています。
使い方についてはこちらをご覧ください!

登録から楽しみ方までを画像付きで!】SoundCloud(サウンドクラウド)の使い方

SoundCloud(サウンドクラウド)とは

SoundCloudは、「誰でも手軽に音楽を共有できるサービス」です。

動画の共有サービスだとYoutubeやニコニコなどがありますが、SoundCloudは音声1つに絞っている点が特徴です。中でも、再生時間にコメントを残せるのが特徴的で面白いんです。(音楽のメイン部分でみんな盛り上がる感じとか!)

音楽のジャンルとしては、EDM(Electronic Dance Music)が多く、EDMを知らない人はこの機会にぜひ聴いてみてほしいです。(僕はパリピではありません。)

SoundCloudは音声ファイルの共有のみを目的に2007年にスウェーデンで設立され、次第に音声ファイルの投稿から配布・公開するためのサービスへ方針を転換しました。

共有という観点で紹介すると、例えば、私の大好きな idealismから1曲紹介したいと思えば、次のようにInstagramやTwitterで簡単に共有できます。

ちなみに、この曲はLo-Fi Hip Hopというジャンルです。
このような音楽も日本だと余り巡り合えないような気がします。幅広い音楽を見つけることができることこそ、SoundCloudの魅力の1つですね。

こういう人におすすめしたい

私の経験から、オススメしたい人を以下の5点に絞りました。

  • 好きな感じの音楽(またはジャンル)を見つけたい
  • 作った音楽を披露してみたい
  • 世界で前衛的に流行っている音楽に触れてみたい
  • インストが好きで色々な音楽を聴いてみたい
  • 音そのものが好きで、色々な音を聞いてみたい

上記に1つでも当てはまった方は、ぜひ利用してみて頂きたいです!

SoundCloud(サウンドクラウド)の魅力

自分の音楽たちが発見を見つけてくる

SoundCloudでは、再生している音楽に関連する楽曲を自動的に再生してくれる機能があります。これが本当に凄いのです。自分でも気づかないくらいの好きな音楽を見つけてきてくれますし、常に新しい音楽が鳴っていてくれるのもワクワクします。

likeという機能でお気に入りに入れた音楽を再生していると、次のシャッフル再生で知らないうちに自分好みの音楽が流れてくるのです。つまり、自分の好きな音楽が、新しい音楽の世界へ連れて行ってくれる、音楽共有サービスだからこその発見があります。

likeボタンはワンタッチでお気に入りに入れることができ、自分だけの音楽リストを作ることができます。likeボタンを押すとワンタッチでお気に入りに入れることができ、自分だけの音楽リストを作ることができます。以下の画面は、フォローしている人たちが共有してくれたstreamというページです。

SoundCloud-introduce

おわりに

私の音楽人生を変えたSoundCloudの魅力をお伝えしてみました。
何よりお伝えしたいポイントは、「自分の好きな音楽に出会うことができる」という点に尽きます!

他の記事でも、SoundCloudの使い方や楽しみ方を書いていきたいと思っていますので、そちらも今後見て頂けると嬉しいです!

こちらのTwitterから共感・意見・感想など、メッセージを頂けると嬉しいです!仕事の波にもよりますが、全力でお返事させて頂きます!